スクールカウンセラーだより from 一心塾

スクールカウンセラーとして勤務している学校で発行している便りです。

子育て川柳〜受験生編〜

 昨日は某中学校の3年生の保護者対象に「受験生の親の心構え」についてお話しさせていただきました。去年に引き続き今年も川柳仕立てです。

十四才 むかし元服 いま受験

 14才くらいに武家の子どもは「元服(げんぷく)」といって大人になる儀式をしたそうですね。髷を結って刀を差して・・・ここからは大人として扱われるということです。
 子ども扱いすれば子どもはいつまでも子どもで、自分で責任を取ることをしないでしょうが、大人扱いすれば自然に自己責任で行動するようになるでしょう。受験というのは自分で進路を決めて、自分で勉強して、ある意味大人になるための儀式的意味合いはあると思います。これを契機に親の皆さんも子どもへの干渉を控えて、わが子を「大人」として扱ってあげたらよいのではないでしょうか。

言わなけりゃ なんにもしない だから言う

 大人扱いしたくても、いちいち「起きろー」とか「宿題やれー」と言わなければうちの子はやらないんですよぉ、という声が聞こえてきそうです。でもだいたい「いまやろうと思ってたのに、やる気がなくなった」なんて言われてしまうわけです。うまく行かないことは、早めにあきらめた方がいいですよ。

やらぬなら やるまで待とう ゆっくりと

 ゆっくりでーんと構えて見たいものですが、でもつい言ってしまうでしょう。例えば「がんばって」。

「がんばって」 その一言に 腹が立つ

 もう何て声をかけていいのかわからなくなってきました。

「くそばばあ」子どもは嘘をつきません

 言われたことないですか?「親に向かって何てこというの!!」と逆上してませんか?でも「くそばばあ」は子どもの正直な気持ちなのです。

言わずとも わかって欲しい ほっといて

 気持ちを察して欲しい、言わなくてもわかって欲しいというのが子どもの切ない願いなのです。「言わなきゃわかるわけないでしょ、ちゃんと言いなさいよ」と来ますか?すると「だから、ほっといてって言ってるでしょ!!」とカウンターパンチが来きます。ここは察するしかありません。そして見守る。

待つ力 信じる力 親ぢから

 待つのは忍耐力です。そして本当に子どものことを信じていられるなら待つことができます。信じていないから干渉したくなるのではないでしょうか。植物の成長なら誰でも待つことができるでしょう。春になれば花ひらくことがわかっているから、それを信じているから待てるのです。

信じれば 待つ間も楽しき 変化あり

 もし信じることができたなら、待つのはそれほど苦ではありません。ちょっとした変化が見て取れるようになるからです。最近笑顔が増えたとか、言葉数が多くなったとか、そんなことを楽しんだら良いわけです。また待てない理由として「子どもに期待する気持ち」に親自身気づいていないということもあります。

期待する 親の想いが 子に重い

 親が子どもに期待して何が悪い。そうです。親は子どもに期待するものです。ちっとも悪くありません。子どもは親の期待に健気に応えようとするところがありますし、それによってがんばる方向性を見出してもいます。しかしその分、期待通りにできそうにないと重く感じてしまうのです。
 親の期待には言葉で明示されているものと雰囲気で非言語的に伝わっているものがあります。明示されているものには「嫌だ」と言葉で反発のしようもありますが、非言語的に伝わってくるものにはどう反発のしようもなくて重く感じてしまいやすいところがあります。例えば「できるだけ親に面倒掛けないでくれ、不安にさせないでくれ」と親も自分自身気づかないまま期待していることがよくあります。この場合子どもは悩みを相談できないでしょう。または返って心配掛けることばかり引き起こすかもしれません。

安心を子に求めたい親心

 できれば賢く、健康で、やさしく、友だちもいっぱいに育って欲しいわけですが、わが子のそうでない部分を否定的に見たところで良い変化が生じるわけではありません。むしろ逆効果です。

諦めて いまのこのまま 受け入れる

 そうすることで良い変化が生まれてくると私は信じています。

つきあいの難きをうまく手なずけて 子も自らとやっとつきあう

 つきあい方の難しい子は、その子自身自分とのつきあいに難しさを感じているものです。そんな子とうまく付き合う方法を見出したなら、子どもも自分自身とうまくつきあえるようになるでしょう。その子のそのままを受け入れることで道は開けます。

言わんでもわかって

 保護者さんや先生方の相談を受けているときに私がいつも気に掛けているのは、子どもさんの「甘え」は満たされているだろうかということです。
人は乳幼児期にお母さんやお母さんの代わりになる人との「一対一の絆」を結びます。心理学の方では「愛着関係」と呼んでいます。この関係が安定したものになると、子どもの心の中に「内なる母」ができあがり、それほどお母さんに執着しなくてもよくなります。この愛着関係が基本にあると、家族のメンバーや学級の友だちとの「一対多のつながり」によって安定を得ることもできるようになります。
 ところがこの「内なる母」は心理的にショックなことがあると崩れてしまうことがあります。再びお母さんや誰か「一対一の絆」を結んでくれる人を探し求め、まるで赤ちゃん返りをしたような感じです。でももう赤ちゃんではないのですから「しっかりしなさい」と激励して終わり、ということが多いと思います。これが子どもにとっては二重のショックなのです。
 人間は辛いことがあると何度でも「一対一の絆」を求め、それが叶えば、また一対多のつながりから元気を得ることができると私は考えています。この考え方を応用して、もし学級での勉強につまずいたなら、一対一で勉強に付き合ってあげるのが良いと思います。勉強がわからないというのは、本人の中では結構ショックなことなのです。
 さて、一対一の絆を求めることは人生最初の重要な甘えですが、一般的に甘えの態度というのは「言わんでもわかって」です。赤ちゃんのうちは言葉が使えないから当然として、大きくなっても甘えたいことについては「言わんでもわかって」とばかりにすねたり、ひがんだりという態度を人は取ります。甘えの強い人にとって、言わんでもわかってくれる相手は「いい人」で、わかってくれない相手は怒りの対象になります。
ここから二つのことが言えます。第一に、よく相手の心を察して、その人の甘え(無自覚な期待)に応えるようにすれば「いい人」になれるということ。第二に、誰かに対する自分の甘えを自覚できるようになることで精神的に自立できるということです。もし誰かに対して腹を立てているとしたら、それはその相手に何かを期待して甘えているのかも知れません。自分の甘えに気づき、丁寧な言葉でお願いすれば相手はようやく行動を起こしてくれることでしょう。
 精神的に自立すると怒りが減り、またやるべきことをきちんとやれる人になります。反対にずっと自分の甘えに気づかないでいたら、世の中は腹立たしい人だらけになっていきます。
 日本人は察することが得意な国民で、日本の「おもてなし」のすばらしさはすでに世界中に知られています。日本では「言わんでもわかってもらえる」のはある程度当たり前ですから、どうしても甘えが許される傾向が強いと思います。だからこそ自分の甘えに気づき、しっかり自分の気持ちを伝える練習をする必要があるのではないでしょうか。

ネガティブをポジティブに変えてみよう

 ポジティブな人はネガティブな人に比べて、幸せで、健康で、長生きするということが証明されています。「ポジティブ心理学」によって明らかにされた、ポジティブになる方法をお伝えしましょう。

 例えば、あなたは「私はダメな人間だ」と思ったことがあるでしょうか。結構多くの人がこの言葉を口にしますね。この言葉をポジティブに変えるにはどうしたらよいでしょうか。普通ならこう考えるでしょう。

「そんなことない。あなたはダメじゃない」

でも、そう考えたり声がけしたりしても、そのときはちょっと気分が良くなっても、しばらくすると「やっぱりダメだ」と思ってしまうのではないでしょうか。
この言葉には「私は“過去も現在も未来もずっと”ダメな人間だ」という意味が含まれています。これを「永続的悲観」といいます。また「私は“全てにおいて”ダメな人間だ」という意味も含まれています。これを「全体的悲観」といいます。「私はダメな人間だ」を少しポジティブに直すには、

「私は、今はダメかもしれないけど、未来はダメじゃないかもしれない。それに過去にはダメじゃなかったときもあった」

などと、永続的悲観を一時的楽観に変えることができます。また、

「私は、勉強はダメだけど、人に優しくすることができる」

などと、全体的悲観を部分的楽観に変えることができます。ネガティブな考え方というのは、だいたい極端な考え方なのです。 ネガティブなことを考えると、脳の中でストレスホルモンが出てきて、心も体もダメージを受けます。もしネガティブな考えが言葉や行動に出てしまったならば、周りの人にダメージを与えてしまいます。

最近のうつ病の研究から、ネガティブな考えから抜け出せなくなることがうつ病の原因であることがわかっています。だからネガティブな考えをそのままにしないでください。なるべく早く、自分がネガティブになっていることに気づいて、考えを修正してください。

「攻撃的な考え」もネガティブな考えです。もし「あんなやつはいなくなればいい」と考えて、その考えから抜け出せなくなったら大変です。

「あいつはひどいところがある。でも良いところもあるかもしれない」と考え方を修正してください。

少し練習問題をしてみましょう。次のネガティブ思考をポジティブ思考に変えてみてください。
「私には友だちがいない」
「私は頭が悪い」
「私の母は口うるさい」
「私の父はケチだ」
「お金がないから何もできない」
「あんなひどい奴は消えた方がいい」
「誰も私のことなどにかまってくれない」
「全部私が悪い」
「金持ちはどこかで悪いことをしているにちがいない」

心の土台

 

 夏の高校野球すごかったですね。テレビに釘付けになりました。斎藤投手の制球とスピードには本当に唸らされました。解説によると相当下半身を鍛え込んだのだとか。そういえばソフトバンクの和田投手も下半身をかなり鍛えた時期があったと聞いています。足腰の安定、つまり土台の安定が無くてはいい仕事はできないということを物語っていますね。 では心の土台って何だろう、とつい考えてしまうのが心理屋の性というものです。

 心というのは人間関係抜きに考えることができません。つまり人間関係の土台が心の土台なのです。人を信用できないときは心が弱くなります。皆さんもそんな経験があるでしょう。一番信頼している人が何となく冷たかったりすると、きっと人間を誰も信じられなくなって、心もとても衰弱し、固く内側にこもらざるを得なくなるでしょう。そんな人を最近はたくさん見かけます。その人は誰も信用しないし、誰からも信用されない。こんな寂しいことがあるでしょうか。

どうしてそうなってしまうのでしょうか。それは自立と深い関係があります。自立できないうちは誰かに頼らなければなりません。ところが頼られる方も自立できていなければ、どこかで頼られることが辛くなって信用を裏切るようなことになるでしょう。これが不幸の始まりです。できれば頼りがいのある人に頼ったらいいですね。しかしきちんと自立している人は甘えをあまり許さない雰囲気を持つことがあります。頼りたい人にとっては少し冷たく、またはきつく感じるかもしれません。また頼れる人と親しくなるには自分自身もある程度土台がしっかりしている必要があります。そうでなければ自立している人に対して近寄りがたい感じを持つでしょうから。

 どうしたらしっかりした土台を作れるでしょう。自分でできることは自分でする癖をつけることです。わからないときは最小限を聞いて自分でやります。これが信用を得る第一歩です。信用される人しか信用しあえる関係は築けないのです。

 

心の傷をいやす その2「謝ること」

 

 前回、トラウマについて述べたところ、私の勤務する各学校での相談件数がずいぶん増えました。トラウマに苦しんでいる人はやはり多いのだなあと改めて実感した次第です。また私自身もトラウマについて調べたり考えたりすることが最近は多くなりました。今回は「その2」として、トラウマについてもう少し述べてみたいと思います。

乳幼児は身体の抵抗力も弱いですが、心もまったく無防備です。ですから大なり小なり、子どもの心は家庭で傷つくことが多いようです。その極端な例が虐待やネグレクト(子どもの世話をしない)ですが、もちろんそこまででなくても、例えば夫婦が不仲であったり、祖父母と夫婦が不仲であれば、それは子どもにとってトラウマになります。家庭が安心していられるかどうかということは、子どもにとっては重大なことなのです。

また子どもが夜中に目を覚ましたときに、お母さんが隣にいなくて、不安になって家中を泣きながら探し回っても見つからないとしたら、子どもはお母さんに裏切られたと思うことでしょう。実際はちょっとコンビニに買い物に行っていただけだとしても、「裏切られた」と思い込むことでひどく傷つきます。兄弟で比較されたり、できないことを無理にやらされたりしても傷つくでしょう。

トラウマがあると、元気がでなかったり、自己表現したくなかったり、なぜか恐怖感があったり、人の痛みを感じられなかったり、攻撃的になったりします。また自分を傷つけたくなることもあります。そんなふうにして本当は自分が傷ついていることをわかってもらいたいのです。

しかし親としては子どもを叱りながらでも躾をしなくてはなりませんし、傷つけることを恐れてばかりいるわけにも行きません。外で遊べばひざ小僧を擦りむくように、子どもは傷つきながら育って行くものなのかもしれません。

ただ、傷つけてしまったならきちんと謝ることが最も重要ではないでしょうか。謝ることで傷はずいぶん軽くなります。子どもの場合、親に謝ってもらいたいことがいろいろあるのではないかと、最近私は思っています。

皆さんも経験があると思います。とにかく相手に謝って欲しいと思うことが。しかしそれを口に出せないまま、しこりになっていることも多いでしょう。また、謝らなくちゃと思いながら、チャンスを逃してそのままになって、そのうち忘れてしまっていることも多いでしょう。でも傷ついた側はいつまでも覚えているものです。

佐賀のがばいばあちゃん』は「ありがとうが言えれば天才だ」とおっしゃったようですが、「すまなかった、ごめんなさい」が心から言えたら、これは大天才かもしれません。世の中は今の3倍くらい明るくなるでしょうね。特に親が子に対して、夫が妻に対して、上司が部下に対して、先輩が後輩に対して、先生が生徒に対して。心が軽くなるような「謝られ方」を体験した人は、きっと他の人に対して良い謝り方ができることでしょう。

トラウマを癒す

心の傷をいやす

スクールカウンセラー 土江正司

 心の傷は消えない、という歌の文句がありました。確かに心無い言葉やあまりにひどい出来事は忘れたくても忘れられないものです。思い出したくないのに、ふとした拍子に思い出しては最悪な気分になってしまいます。子どものときにいじめを受けたり、家族の何気ない言葉や態度の繰り返しに傷つけられ続けて、それからもう何十年もたつのに人に対する恐怖感が拭えない、簡単に人を信じられない、あるいは敵意が消えないという人がたくさんいます。

 心に傷を持つ人は、その傷に触れるような状況を自然に避けようとします。避けられないとパニックになったり、自己防衛のため攻撃的になったりします。傷を持っているために考え方や行動が歪められてしまうのです。傷を持っているために逆に人を傷つけ続けてしまう人も多くいます。

 心は目に見えないものなので、どんなに傷ついていても外側からはわかりません。実を言うと傷ついている本人も、その傷の程度がどれくらいなのかに気づいていないことが多いのです。そして自分自身の心の傷(トラウマ)についてきちんと自覚しないと、回復がとても遅れてしまいます。

例えば足を骨折すればしばらく入院して、松葉杖で歩けるようになったらリハビリして、その間いろんな人が心配してお見舞いに来たり励ましてくれたりします。身体のけがは目に見えるから自分でもいたわることができます。だから回復も早いのです。トラウマもきちんと自覚できれば、周囲の人に理解できるように伝えることもできます。自己理解、他者からの理解によってトラウマは身体の傷と同じように癒されていきます。

 トラウマの状態をきちんと把握できる人は、よほど心を感じ、考えてきた人です。おそらくその必要性のあった人です。しかし、できればどんな人でも簡単に心の状態が観察できる方法があるならそれは大いに役立つことでしょう。以下にその方法を二つご紹介します。

 一つは「心の天気」という方法です。今の心の状態をお天気で表現しようとすると、例えば「右の方に大きな黒い雲があるけど、左の方はだいたい晴れていて、太陽も輝いている」というふうに自分自身を観察した上で説明できることでしょう。黒い雲が何を表しているのか自分では何となくわかるはずです。そして「あのことをこんなふうに自分は感じているんだなあ」と気づくことでしょう。

 もう一つの方法は「桃イメージ法」です。桃はとっても柔らかくみずみずしいのですが、傷つきやすく、すぐに茶色くなってしまいます。自分の心を桃にたとえてみてください。あなたの桃の傷み具合はいかがでしょうか。7~8割茶色くなっていると答える人に私はよく出会います。傷だらけの自分の心を目の前に見て、初めて自分の心を癒すために涙を流す人もたくさんいます。こんなふうにイメージに置き換えることで心を見ることは簡単にできます。ぜひときどき自己チェックしたり、身近な人をチェックしてあげてください。それだけで癒される傷も多いのです。

身体がひどいケガをしたら医者にかかるはずです。ひどい恐怖心や敵意、混乱、無気力などトラウマの程度が重い場合はなるべく早いうちに心の専門家を訪ねる必要があります。また、手遅れになって後遺症が残っている状態をPTSDといいますが、それでも治療は可能です。爽やかないい天気の感じを心に持つことは可能なのです。

心の成長を計る3つの尺度

 

 人の心の成長について3つの観点から眺めると、良く理解できるかもしれません。

最初は「元気度」または「心のエネルギー」という観点です。少し自分自身を感じてみれば、今の自分の元気度を0~100%の数字で表現することができるでしょう。勉強でも仕事でも、元気度が80%を超えるようでなければ集中して取り組むことはできません。栄養や睡眠は足りているのに元気度が60%を下回っていると感じられるときは、居心地の悪さ、理解されない感じ、迷いなどの要因があるのでしょう。

元気度回復の鍵は察することです。それによって「理解されない感じ」は解消され元気が出ます。大人はぜひ子どもの心を察してやって下さい。「元気出せ!」では元気度はますます下がります。自分で自分の状態を冷静に察することでも少しは元気が出ます。自分自身を察することと、子どもを察することはほぼ同じ意味を持つと考えて下さい。なぜなら誰の中にも純粋な子どもは住み続けているからです。

二つ目は「自立度」という観点です。人間は頼れるものがある限りはそれに頼っていたいものです。食事を作ってくれる人がいる限りは、なかなか自分で作ろうとはしないものですし、お金をくれる人がいる限りは、自分で稼ごうとはしないものです。“頼れない”環境になって初めて“仕方なく”自立するのが人間なのかもしれません。特に元気度の低い人はそういう傾向にありますが、元気度の高い人は、頼れる環境であってもそれに頼らず自立しようとします。それは赤ちゃんがハイハイから立ち上がって歩き始めるように自然なことなのです。

家族の中でも学校や社会の中でも、私たちはお互いに助け合いながら暮らしています。自立度の高い人はそのことを理解し、人を助けることを惜しみません。また支え、支えられている実感が自分自身の元気度を高めることを知っています。しかし自立度が低く依存の強い人は支えられていることを自覚できないため、人のために動こうという意識も低く、家族や近しい人に甘えっぱなしです。すると支える側はしびれてきた腕をときどき休めたくなります。そのとき依存の強い人は「~してくれない」という不満をもち、さらに元気度を下げてしまうのです。そして元気がなくなるとさらに甘えたくなります。

自立度を上げるために家事を積極的に行ったら良いです。生活に密着したことこそ大事です。そして家族の役に立っているという実感を持つことが何より大切です。

三つ目は「マナー度」です。例えば子どもが「おなかが痛い」と訴えるときに、「大したことないでしょ。がんばって」と答えるのは良いマナーとは言えないかもしれません。お互いが気持ち良く暮らすための思いやりのある言動や態度がマナーです。それは教えられたり、自分で考えたりして一つ一つ身につけます。マナーが身につく度に心が成長すると考えてよいでしょう。そしてマナーは人を元気にしたり、自立させたりする力を持ちます。

自立している人はマナーを素直に身につけやすいのですが、依存の強い人は頭でわかっていても、実際にはできないことが多いようです。その人にとってはルールやマナーより、依存することの方が重要だからです。

元気度、自立度、マナー度は相互に関連していますが、それぞれ別の尺度です。それぞれに高めてやりたいものです。